なぜ唇は乾燥するの?

唇は、もともと角質層が薄くなっており、皮脂腺がほとんどありません。

そのため、多少の栄養不足でも、いち早く肌荒れとして顕著に表れてしまうそうです。

ですから、普段から冷凍食品や、コンビニのお惣菜や弁当などを食べている人は、唇が乾燥しやすくなってしまうそうです。

では、どのようなものを食べていくと良いのか?

それを見ていきましょう。

当たり前ですが、バランスの良い食事をするに越したことはありません。

それが、肌を始め、体調を良い状態で保つ最善の策となります。

その中でも特に重要なのが、ビタミンB2です。

ビタミンB2は、粘膜を保護する作用があるので、肌荒れに非常に効果的だそうです。

ビタミンB2は、納豆やうなぎ、たまご、レバーなどに含まれているので、唇の乾燥に悩んでいる方は、これらを積極的に食べていくと良いみたいですよ。

もし、それでも症状が治まらないようであれば、もしかすると皮膚炎であったり、アレルギーによる症状の可能性もありますから、出来るだけ皮膚科に通院して、お医者さんに診てもらったほうが良いかもしれませんね。

また、唇の乾燥を防ごうとして、舐めてしまう方も、注意する必要があるそうです。

唾液には、潤いを持たせる成分は入っていないそうなので、その場限りで潤ったとしても、すぐに乾燥してきてしまい、結果的には逆効果となってしまうのだそうです。

ですから、唇を舐めてしまう癖がある方は、しっかりとリップクリームを付けて、舐めないように気をつけていきましょう。

そして、そのリップクリームも正しい使い方を理解した上で使っていく必要があります。

基本的に、リップクリームを塗るのは1日に2?

5回が良いそうです。

それ以上塗ってしまうと、細胞の再生を妨げてしまう可能性があるそうです。

また、唇の繊維は縦に出来ているので、口紅のように横に滑らせて塗ってしまうのも間違いなんだそうです。

そして、冬場に気をつけなくてはならないのは、リップクリームが硬くなってしまっている、ということです。

リップクリームが固まったまま塗ってしまうと、皮膚を傷つけてしまいますから、最初に口や手などに軽く押し当てて、柔らかくしてから塗っていくと、傷つけずに済むそうですよ。

そんな、様々な対処法を教えてくれる便利サイトがありました。

これ以外にも様々な対処法が載っているので見てみてくださいね。

唇の乾燥を防ぐ方法を見る